ポプラLVL 【丸紅木材の思い】


御報告
by poplarlvl

規格サイズと料金だけで決めていませんか?

ポプラ担当の石津です。

規格サイズと料金だけで、LVLを選んではいませんか?

この丸紅木材のホームページを見ていただいた方は、
すでにお解りかと思いますが、、、、

「ポプラLVL」と一口に言っても、用途は様々。使う単板も様々。
ラッピング用、パネル部材用、建具用、間柱用、梱包材用 etc・・・(図:上・中)

ラッピング用のLVLにはラッピング用の単板が適当であり、
また、梱包用に使うLVLには過度に品質のよい単板は不必要で、
それ相応の単板が適当だといえます。

現地には大小、数十・数百のLVL工場があるのですが、中には、
梱包用のLVL工場で間柱用のLVLを製造している、なんてところもあります。(図:下)
もちろん、F☆☆☆☆ではありません。

e0166755_19333768.jpg


e0166755_19181798.jpg


e0166755_201057.jpg

↑接着不良の間柱用LVL。とりあえず、接着剤を入れて、紐で縛って、その場を繕っている・・・イケません。


LVLは市場に出回って、まだ間もないということもあり、品質は「玉石混同」状態と言えます。
丸紅木材の営業スタッフ、及び現地駐在員はLVLのプロフェッショナルを自負しています。
品質も価格もプライドをもって、皆様へお届け致します!
[PR]
# by poplarlvl | 2009-02-23 21:04

ポプラの先生

丸紅木材ではポプラLVLの品質工場は元よりポプラという原料についても日々勉強をしております。LVLとしての品質を向上させるにはポプラという木材自体を理解し、素材に合った加工をしていく事で品質が向上していくと考えます。中国では文化大革命後に国内緑化を目的とした【平原緑化政策】が打ち出されポプラ植林が普及していきました。その中で最も活躍した国家機関が【南京林業大学】です。
丸紅木材では南京林業大学の庄教授からポプラについて学ばせて頂いています。
庄教授の元では何十名もの教授/博士が学ばれておりこの方、実は凄い先生なのです!
e0166755_1105460.jpg

庄教授の専門は乾燥でポプラ乾燥について御教授頂いた際は如何に奥深い物かと感じました。ポプラの歴史を理解する事で、より資源を大切にする気持ちが強くなり、品質向上に大きく参考にさせて頂いています。弊社の【団団園園】も庄教授より太鼓判を頂いていますがより100%へ近づく様に更なる努力を重ねて参りたいと思います。
丸紅木材の【団団園園】は沢山の方々に支えられ作られています。また来月も庄教授が江蘇省へ出張時に出向き勉強会を行って頂く予定をしております。
日々前進!より良い商品作りを!
今後も丸紅木材を宜しくお願い申し上げます。
[PR]
# by poplarlvl | 2009-02-16 01:28

「目に見えない部分」の取り組み~丸紅木材ホルム定期検査PART2~

大阪本社営業の間所(マドコロ)です。
さて、前回のPART1で予告させていただきましたとおり今回は日本リビング株式会社製のホルムアルデヒド検知センサーがホルムアルデヒドを検知するとどのように変化するかをお話させていただきたいと思います。

このセンサーに精製水を一滴たらしてホルムアルデヒドの放散量を測定したい部分に
貼り付け、30分放置すると・・
というより百聞は一見にしかずのことわざ通り下の写真をみてください。

どうですか?右と左のセンサーとを見比べてください。
少し見づらいかもしれませんが、左のセンサーの中央部が赤く変色していますよね。
そう、このセンサーはホルムアルデヒドを検知すると赤く変色するんです。
その変色度合いが濃いほどホルムアルデヒドがより多く放散していることになります。

丸紅木材では定期的にポプラのLVLに対して定期的にこのセンサーを利用して
ホルムアルデヒド放散量試験を実施しています。

「それって見た目だけの判断ではないの?具体的な数値はでないの?」
その疑問は次回PART3で・・・
e0166755_1743972.jpg

[PR]
# by poplarlvl | 2009-02-13 17:45

LVLの輸入量ってどんだけぇ~?

九州営業所の鹿毛です。
今日はLVLが年間どのくらい日本に入ってきているかをみなさんに知ってもらいたいと思います。

丸紅木材では毎月、財務省の貿易統計を基にしてLVLの輸入量を調べています。

2008年のLVLの輸入量はおおよそ 305,591m3です(この数字には梱包材も含まれます)
【ポプラ合板は上記数量には含まれません。】
毎月約25,000m3の中国LVLが日本に入港しているのです。(びっくりです!)
その中で最も多く入港しているのは関西の大阪になります。
関西は全国でも34.8%の割合を占めています。
2位は関東、3位は東海、4位は九州と続きます。
詳細はグラフを参考にして下さい。
e0166755_13314574.jpg

(少し画像が見にくいのではっきりとしたデータが欲しいかたは
http://www.poplarlvl.com/contents/contact/index.html
のアドレスにてお知らせください)

年間これだけの数量が日本に入荷しているわけですが、おおよそ半分以上は梱包材になります。
現在、丸紅木材が取り扱っている商材はマンション用の間柱、建具用の盤、小割りがメインですがこれからは梱包材にも目を向けて動いていきたいと思っています。
我々、丸紅木材はLVLの使用ルートは無限大と考え、これからも様々な新しい商材を皆様に提供していきたいと思います。

乞うご期待を!
[PR]
# by poplarlvl | 2009-02-11 13:45

LVL”小割グレード”

大阪営業部の藤堂です。
最近、LVLの小割(ジャストカット)の注文が増えてきました。
精度は、割り幅が最大のポイントです。弊社は、-0,+0.4mmです。
中国では、精度がでないと思われていたのですが、現地の工場と共に、”良い商品を作って
お客様に喜んで頂こう!”を合言葉に打ち合わせを繰り返しました。
まず、”小割グレード”という言葉の意味を共通の言葉にする事から
e0166755_23253546.jpg
始まりました。小割は間柱とは異なり精度が要求される。そこでLVLチェックシートです。①~⑥の番号が印字されており、厚み、幅、長さをチェックして精度の確認を徹底させています。
そして、さらなる可能性への挑戦 精度ー0、+0.2mmを目指しています。
[PR]
# by poplarlvl | 2009-02-06 23:43

丸紅さんの中国事務所はどこにあるの?

ポプラ担当の石津です。

「丸紅さんの事務所や工場はどこにあるの?」
「江蘇省のシューヤン(沭陽)です」
「シューヤンってどこ?」 

今回は丸紅木材の事務所と生産工場はのある場所を簡単にご案内致します。
丸紅木材の事務所は江蘇省宿遷市沭陽県にあります。
(中国の行政区画では通常「市」の下に「県」が置かれています)

面積:2,297 km² (東京都とほぼ同じ)
人口:約176万人 
緯度は福岡市とほぼ同じ 
観光地:・・・・・・正直ないですね。

シューヤンのある江蘇省の省会(省都)は南京。
同じ省内には無錫(上海蘇州と汽車に乗り太湖のほとり、無錫の街へ~♪)、
徐州、蘇州もあります。

e0166755_19132714.jpg


e0166755_19135735.jpg


07年8月までは、山東省青島市に事務所を設置していましたが、「より工場と密に連絡を取り合いたい」ということから、製造工場のある現在のシューヤン県に移転致しました。
この移転により、多サイズ小ロット受注や一層の検品体制を確立致しました。

シューヤンでの生活は快適とは言い難いですが、、、
丸紅木材、ポプラLVLにかける情熱・・・Priceless!
[PR]
# by poplarlvl | 2009-02-04 21:19

原料にこだわる!

今日はあまり目立たない原料について触れてみたいと思います。
通常日本の各社は工場へ視察及び買付に行く場合の殆どかと思います(まぁ工場で生産されているのですから一番大切な部分なんですが。。。)中国のLVLは全て分業制になっており、大きく纏めると、①単板メーカー②接着剤メーカー③生産工場の3つに分かれています。
丸紅木材は①の単板メーカーにも注目して物作りをしています。
殆どのメーカーが単板選別・乾燥が非常に悪いメーカーが多いのも現実です。
e0166755_14212183.jpg

通常単板は上記の様に立て掛けて【自然風】にさらして乾燥させますが、私はひねくれているのか?用心深いのか?工場に運ぶ前日に雨が降ればどうなるの?と考えてしまいます。そこで当社のLVLは単板メーカーで8割以上の乾燥を終えて工場へ入荷するシステムになっています。

こうやって剥きたての【生】の単板を1枚毎に丁寧に乾燥させる事によって!
e0166755_1148091.jpg


水分を含んでいた単板が約7%程度伸縮します。
e0166755_11472298.jpg
 
e0166755_11465584.jpg
 

この工程を経て工場へ納入されます。
e0166755_11522597.jpg
 
e0166755_11524611.jpg


ここから工場の生産技術に関わる工程が始まります。
良い商品を作るには楽をせず、自分の目で確かめ、常に品質向上を目標します。これが【丸紅木材のポプラLVLに対する取り組みです】
次回は分業制のもう一つ【接着剤】にも触れてみたいと思います。

    
[PR]
# by poplarlvl | 2009-01-31 11:56

「目に見えない部分」の取り組み~丸紅木材ホルム定期検査PART1~

大阪本社営業の間所(マドコロ)です。
前回の鹿毛のブログにもありましたが、丸紅木材ポプラLVLはホルムアルデヒド放散量において3段階のチェック体制を整えています。

1 現地メーカーによる自主検査
2 国内検査機関による検査
3 丸紅木材が定期的に行う検査

この、丸紅木材で行う検査で大活躍しているのが、日本リビング株式会社製のホルムアルデヒド検知センサー(写真)です。
ご存知の通り、LVLは合板ですので単板を接着剤で接着していきます。
この接着剤の中に含まれるホルムアルデヒドは加圧されるとほぼ反応して硬化しますが、
接着不良で硬化しなかったホルムアルデヒドが板面や木口から放散され、刺激や不快感をもたらします。
残念ながら、国内市場に出回っているポプラLVLはコストを抑えるために基準値を上回っているものもたくさん出回っているとの事です。

いくらコストパフォーマンスが良くても、幅や厚みや反りといった「見た目の美しさ」がすばらしくても人体に影響のある製品が流通することはあってはなりません。

「目に見えない部分だからこそ、大切だと考えています。」
ホルムアルデヒドに対する丸紅木材の姿勢はまさにこの言葉どおりです。

追 伸 このホルムアルデヒド検知センサーが、ホルムアルデヒドを吸着するとどのようになるかは次回PART2でお話します。

e0166755_1702530.jpg

[PR]
# by poplarlvl | 2009-01-23 17:02

これが1番大事


九州営業所の鹿毛(カゲ)です。
今後とも宜しくお願いします。

今回、僕が丸紅木材のLVLの取り組みで最も重要視したいことは、定期的なホルムアルデヒドの検査体制です。
昨今、住宅の規制等は姉歯事件を皮切りに非常に厳しくなってきています。
(耐震問題、瑕疵担保保険、シックハウス問題など・・・・)
当たり前のことなのですが、わたしたちはまっとうな品物をお客様に提供していかないといけないのです。
そのためには、信頼のおけるデータが必要になってきます。
そして、LVLを扱うなかで最もデータが必要になるのが、ホルムアルデヒドの放散量なのです。
ホルムアルデヒドが多量に摂取されると人体にも影響がでてきます。
(目や鼻の刺激や呼吸器官の不快感など)
そこでわたしたちはお客様に安心してLVLを使っていただく為に徹底的な検査を実施しています ( ..)φメモメモ
①現地メーカーによる自主検査
e0166755_2057519.jpg

                       【現地メーカーの試験風景】

②国内検査機関による毎月1回の検査

③丸紅木材定期検査及び依頼に基づく検査

上記3つの検査を行い品質の管理をしています。

こういった品質管理をやることによって、丸紅木材の営業マンは自社のLVLにプライドをもって販売していくことができるのです。


丸紅木材はお客様の信用をモットーにこれからも突き進んでいきたいと思います。
[PR]
# by poplarlvl | 2009-01-20 21:46

SPL(ソリッドポプラLVL)完成しました。

大阪営業部の藤堂です。
昨年より工場・単板メーカー・丸紅木材が三位一体となり念願だったSPL(ソリッドポプラLVL)がついに完成しました。当初、単板の品質(無節/色)・パンク処理・精度・含水等で難しいとされていましたが、現地メーカーとの再三なる打ち合わせ、協力により、完成しました。
まず、ドアのエッジ部分に使用します。無垢板(アガチス)の代用で R面 ボウズ面がとれラッピングします。無垢材より歩留り等でコスト削減になります。
今後、敷居、枠材、額縁のラッピングの
e0166755_23165282.jpg
芯として、主役になると思います。
[PR]
# by poplarlvl | 2009-01-16 23:23

ポプラLVL担当の石津です。今後とも宜しくお願い致します!

ポプラLVL担当の石津です。

今後、中国現地でのポプラ情勢や国内での販売を通じて感じたことなどを
不定期に、そして「主観的」にプログに書かせていただきたいと考えています。
どうぞ、宜しくお願い致します!

先日の話、「みのさん」ではないですが「ほーっっとけないっ!」ことがありました。
とあるお客様より、かなりご立腹された様子で「売り先の現場がLVLに反りと
幅の精度にムラがあり、クレームを言ってきている」とご指摘をいただきました。
翌日、早速現場に検品に行ったのですが、、、、

実際、現場にあった間柱用LVLはひどいものでした、「反り」はあるわ、
精度は、両小口で約1.6mmの差があるわ。確かにクレームの対象となる製品でした。

ただ、私はその現場で「このLVLは丸紅木材のLVLではありません」と断言できました。
なぜかというと、、、下の写真のように丸紅木材の間柱用LVLには「団団圓圓/LVL」と
印字しており、10本単位の小結束のバンドにも「団団圓圓」の印字がしてあります。

e0166755_1133147.jpg
e0166755_1133389.jpg


当日の夜、お客様よりお電話をいただき、やはりお客様の売り先が他社からも仕入れて
おり、そちらの製品だったとのことでした。

ポプラLVLは高品質な製品から、かなり疑わしい製品まで流通しているのが現状です。
丸紅木材は、中国の田舎(シューヤン県の皆さんゴメンなさい)に事務所をを設置し
生産現場と常に連絡を取り合い、二人三脚で真面目に品質向上に努めています。
[PR]
# by poplarlvl | 2009-01-13 12:57

2009年 謹賀新年

皆様、明けましておめでとう御座います。
2009年は御存じの通り非常に厳しい1年が予想されます。
昨年を振り返ると本当に凄まじいスピードで状況が変化し、その反動が一挙に2009年に集約され、それでいて過去経験した事の無い状況へ突入していくのでしょう。
昨年末より様々な状況予想を繰り返しましたが恐らくその殆どが裏切られる結果になるでは?と思います。その中で『丸紅木材はどうあるべきなのか?』を考えました。その結果『今までで整理出来ていない事を2009年で全て完結させる』という結論に辿り着きました。全ての会社は企業努力と変化を繰り返し現在も存在しているのですが、その中で何処かでやりかけて諦めた事・途中で中途半端になっている事・まだまだ改善できる事が実は多く有ると思います。それを日々の進化の中で疎かになっている部分を再度掘り起こし、確実に改善していく事が必要だと感じています。それを踏まえた上で2009年の丸紅木材のテーマは【スピード】です。
確実にそれでいて早くやり残しを改善し、新たな進化へ繋げる。そんな1年にしていきたいと考えています。本年も全社員一丸となって進んで行きますので引き続き皆様の御指導・御鞭撻を賜りたく存じます。本年も宜しくお願い申し上げます。

2009年 元旦
清水文孝
[PR]
# by poplarlvl | 2009-01-02 15:01

中国出張

5日~15日まで中国出張に行きました。
今回は3件の御客様のアテンドで弊社スタッフも大変であたかと思います。
今回は新たな工場で新商品が出来上がりました!その名も【スーパーLVL】です!何がスーパーなのかと言いますと。。。。。。月間10コンテナ(約450m3)のみの限定商品ですがとにかくすごいんです。もったいぶるのは好きでは無いですが、凄い商品が出来上がりました。今回の完成までに約1年もの時間幾度となくサンプル・交渉を重ねて参りましたがこの度ようやく納得にいく商品になりました!用途は今から開拓していきます。従来のLVLの感覚を大きく塗り替える商品になると思います。詳しくは弊社営業スタッフ及び営業所までお問い合わせ下さい。御客様の評価も上々で『こんなLVLは過去見た事がない!』と言って頂きました。
12月27日~2日まで再度訪中して【スーパーLVL】の打ち合わせをしてこようと思います。
近日デビューです。
[PR]
# by poplarlvl | 2008-12-19 13:21

中国研修の御報告

当社では【全員がポプラLVLのプロ集団】というのを一つのテーマとしています。その為にはやはり如何に御客様から学び、商品に触れ、そして生産現場を知る!という事が必要になってきます。当社では先ず営業担当者全員が同じ知識を共有出来るように生産現場を見て、生産者と語り合うという事を行っています。今後も新商品・状況の変化が起きた際には【社内研修】を行っていきたいと思います。前回はハードスケジュールでは有りましたが4日間【100%ポプラLVL研修】に行って参りました。

①原木伐採現場
②単板工場
③生産工場(良品・粗悪品・建材・梱包材)
④出港(連云港)

など日本に入荷するまでの過程を追って全員で勉強して参りました。
最近では御客様をアテンドする為に営業担当者が毎月中国へ出張していますが、まだまだ全員勉強不足ですので、全員で【ポプラLVL】を学ぶという事を継続していきたいと思います。
e0166755_12555374.jpg

原木の集積所(7~10年で30cm程度まで成長するなんて凄い資源ですよね!)
e0166755_1256177.jpg

e0166755_12561955.jpg

工場で生産過程を追って工場毎の良し悪しを皆で勉強しました(工場毎にかなり大きな差がありますね。。。。難しい)
e0166755_1256930.jpg

工場とのミーティング風景。皆担当者は御客様から頂いた宿題について打ち合わせを進めます。
e0166755_12562884.jpg

連云港の視察。凄いコンテナの数量で中国の発展の早さが分かるような気がしました。
e0166755_12563752.jpg

e0166755_12564896.jpg

単板メーカーへの視察。商品作りはここから始まっています!
e0166755_12565852.jpg

当社オリジナルブランド【団団園園】の生産をお願いしている提携工場です。継続した信頼と絆で一緒に成長していければと思います。
出来るだけ近い将来に御客様から『丸紅木材は全員がポプラLVLのプロだ』と認めて頂ける日が来る事を切に願います。
[PR]
# by poplarlvl | 2008-12-08 12:38

在庫システムの御案内

当社ではLVLのコンテナ契約は当然ですが小ロットの御客様に対応するべく国内在庫も積極的に入荷しています。よく御客様に『どのくらいの在庫あるの?』と聞かれますが、種類・商品カテゴリーも違うので一概には言えませんが。。。。。。。。常時1500m3程度の在庫を持っております!場所は博多・大阪ですが1バンドルより配送及び引き取り頂ける体制を整えております。在庫報告は御客様のご希望があれば毎月1回【LVL在庫表】をFAX及びメールさせて頂いています。*ご希望の際は担当営業・営業所にお問い合わせ下さい。
自社倉庫や委託倉庫へたっぷり在庫を置いて皆様からの御注文心よりお待ちしています!!!
e0166755_12305430.jpg


e0166755_1234714.jpg


e0166755_12342516.jpg


当社では月間40コンテナ程度の扱い数量で毎週現地より出港しますので1バンドルからの混載も大歓迎です。数量は少ないんだけど毎月必要なんだけど・・・という御客様!是非丸紅木材の混載システムを御利用下さい。
[PR]
# by poplarlvl | 2008-12-07 12:17

シューヤン事務所

今日は当社シューヤン事務所の御案内です。
ポプラLVLに注力を始め2006年に青島事務所から移転致しました。江蘇省にあり100%ポプラLVLに対して稼働している事務所です。今回は皆様に良品をお届する弊社のスタッフのご紹介をさせて頂きます。

①馮(ヒョウ)彦麗 シューヤン事務所:所長(経理)
e0166755_11402134.jpg

皆様はじめまして。シューヤン事務所の所長のヒョウと申します。LVLを専業として3年が経ちましたが日々学ぶ事ばかりでポプラLVLの奥の深さを感じております。今現在他社に出来ない精度についても課題を持ち工場と打合せを進めています。2か月に1度は日本へ戻り御客様へお邪魔してアドバイスを受け、仕入に活かせる方法を考えています。皆様も中国へ出張の際はしっかりアテンドさせて頂きますので是非シューヤンへお越し下さい。

②石津賢志 シューヤン・九州営業所 兼任
e0166755_11414291.jpg

丸紅木材、ポプラLVL担当の石津です。ポプラLVLは様々なサイズ・用途に対応できることや、原料となるポプラは植林木であり今後の出材状況も不安が無いなど、非常に可能性のある製品です。丸紅木材では他商社と違い大連・上海という大都市ではなくポプラLVLの集積地である江蘇省のシューヤンという小都市(田舎?)に事務所を設置し、常に工場と連絡を取ることができ小ロット、多サイズに対応できるようにしています。間柱・建具の芯材等、直接は目につかないところに使われる製品ですが、だからこそ真面目に取り組みたいと考えています。
ポプラLVLは丸紅木材石津にお任せください!『LVLはあると思います!』
*天津 木村に似ていると言われます。

③シューヤン事務所全体写真

e0166755_12162882.jpg

シューヤン事務所ではその他2名、社員では有りませんがシューヤンで検品及び運転等で手伝って頂いているローカルスタッフも居ます。皆若輩ではありますが総勢5名のスタッフが日々【ポプラLVL】の品質向上・低価格の実現の為中国国内を奔走しております。
来年度は新たに購入した事務所に移転して増員を予定しております。御客様の要望を間違いなく工場に伝えると共に万全に品質管理を目標に日々精進してまいります。
皆様今後とも御指導・御鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

丸紅木材㈱シューヤン事務所一同
[PR]
# by poplarlvl | 2008-12-06 11:17

オリジナルブランド 団団園園

当社ではポプラLVLを提携企業の協力の下、オリジナルブランド【団団園園】として販売をさせて頂いております!『なんだそれ?』と思われる方も多いかと思いますが、丸紅木材のLVLに対する取り組み・思い・品質etc全てを総称して【団団園園】と呼ばせて頂いております。
e0166755_9572335.jpg


詳しくはHP・カタログを御参照願います。
また御連絡頂ければ当社営業がお邪魔致します。
用途としてもまだまだ広がり続ける【団団園園】今後の展開に御期待下さい!どんどんこちらのブログで御報告させて頂きます。
[PR]
# by poplarlvl | 2008-12-01 10:02

ポプラLVLホームページが出来ました!

皆様初めてお目にかかります。私は丸紅木材㈱の清水と申します。
兼てより注力してきました【ポプラLVL】の専用ホームページがオープン致しました。
当社のポプラLVL オリジナルブランド【団団園園】を御理解頂くと共に、ホルムアルデヒド放散量試験結果・各種強度試験etcを随時UPしていき、御客様に活用頂くべく立ち上げました(各資料はパスワード制にてお手元で印刷頂けます。各営業担当者・営業所までお問い合わせ下さい)詳細については専用カタログも準備して御座います。
e0166755_14464988.jpg


このブログでは中国の政策変更・各種情報・視察報告等をUPしていく予定です。
今後共丸紅木材ポプラLVL【団団園園】を宜しくお願い申し上げます。

丸紅木材㈱代表取締役社長 清水文孝
[PR]
# by poplarlvl | 2008-11-28 14:36


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧