ポプラLVL 【丸紅木材の思い】


御報告
by poplarlvl

「目に見えない部分」の取り組み~丸紅木材ホルム定期検査PART3~

大阪本社営業の間所(マドコロ)です。
さて×2、前回はこのホルムアルデヒド検知センサーがホルムアルデヒドを検知すると赤く変色することまで、お話させていただきました。

では具体的な数値を測定するのにはどうしているのかというと「ホルムアルデヒド放散量測定器」という器械を使用しています。(写真)

この測定器に検知センサーを入れると具体的な数値(小数点第三位まで)が出てきます。
丸紅木材に在籍する住環境測定士が、このホルムアルデヒド検知センサーとホルムアルデヒド放散量測定器を用いてF☆☆☆☆の現行規格である最大値0.4㎎/L以下であるかをきっちり自主検査することにより他社LVLとの差別化を図っています。

「でも、ホルムアルデヒドって四季によって放散量って違うんじゃないの?暑い時と寒い時に測定した場合とでは数値に誤差がでるのでは?」
勿論、きっちりと測定するためには測定条件を同じにすることが必要不可欠となります。

丸紅木材では、各試験体(ポプラLVL)をすべて同条件の下で試験を実施しています。

詳細はPART4でお話させてもらいます。

e0166755_1757078.jpg

[PR]
by poplarlvl | 2009-03-23 17:57
<< 新たな1年に向けて ポプラ、キリってどんな木 >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧