ポプラLVL 【丸紅木材の思い】


御報告
by poplarlvl

LCCM(炭素固定量)

御無沙汰しております。
ところで皆さんLCMMって御存知ですか?

地球温暖化対策が喫緊の課題とされる中、我が国のCO2排出量を2020年に1990年比で25%削減することが求められています。とりわけ、排出量が1990年比で1.4倍と最も増大している民生部門(家庭・業務)におけるCO2排出量を大幅に削減することが必要であり、住宅の低炭素化への取り組みを一層強化することが求められています。
住宅の低炭素化を推進するためには、住宅の省エネルギー性能の向上による消費エネルギーの削減や再生可能エネルギーの導入によるエネルギーの創出に加え、資材製造時や建設時のCO2排出量の削減を図ることなどにより、建築から解体・再利用等までの建築物のライフサイクル全体を通じてCO2排出量を少なくする動きが活発になっています。
住宅の建設から解体までのライフサイクルトータルでCO2排出量がマイナスになる「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の研究開発も2年を超え、『出来たら良いなぁ』から『しなくてはいけない!』世の中に変わりつつあるように感じます。
弊社も住宅業界の中で木材という素材を生業としております。

炭素の固定量=木材の重さに比例します。しかしながらCO2削減というのは様々な角度の考え方があり答えは一つでは無いのです。要は総合的削減が重要であるのです。何百年と育った炭素固定量が多い木材を使用する事が良いのか?と言う事では無いのです。

そこでオチは皆さん御想像の通りポプラの話ですが。。。。。。
e0166755_11133210.jpg
e0166755_11134766.jpg
e0166755_11135455.jpg


ポプラは今後の資源活用という観点でも非常に大切な資源です。
しかしながら我々は材木屋でありポプラの良い点・悪い点は良く分かっているつもりです。
今後もしっかりした物作りをし、御客様へ商品をお届けしたいと思っております。
当社もこの7月末で第56期の決算を迎えます。皆様何卒ご協力の程御願申し上げます(笑)
[PR]
by poplarlvl | 2011-07-02 11:17
<< 先手必勝! ポプラLVLのNEWヒーロー >>


カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧